債務整理自己破産サイト

千葉で過払い金等の債務整理でお悩みの方はご相談下さい。

0120-916-746

借金解決事例1


● 解決事例1 過払い金返還請求で1300万円が戻ってきた事例

債務整理 注目の解決事例集



地域別・解決事例

  流山おおたかの森在住のお客様の解決事例
 豊四季在住のお客様の解決事例
 増尾在住のお客様の解決事例
 新柏在住のお客様の解決事例
 逆井在住のお客様の解決事例
 高柳在住のお客様の解決事例
 六実在住のお客様の解決事例
 新鎌ヶ谷在住のお客様の解決事例
  柏市在住のお客様の解決事例
 松戸市在住のお客様の解決事例
 東松戸在住のお客様の解決事例
 八柱在住のお客様の解決事例
 東我孫子在住のお客様の解決事例
 湖北在住のお客様の解決事例
 新木在住のお客様の解決事例
 布施在住のお客様の解決事例
 馬込沢在住のお客様の解決事例
 塚田在住のお客様の解決事例

 



借金解決事例

過払い金返還請求で110万円が戻ってきました(借金解決事例1・1)

 ご依頼者  36歳 男性 独身 会社員
 負債総額  300万円
 貸金業者との取引  7社
 月収  22万円
 資産  なし

 

大澤先生コメント:貸金業者7社から300万の負債。
会社の業績悪化にともなって収入が減少したことを機にご相談を受けました。貸金業者とは、最長のもので15年の取引があり、過払い金返還請求を行いました。結果、110万円の過払い金が戻ってきました。(2008年4月13日掲載)


自己破産の申立で800万円の借金が免責になりました(借金解決事例1・2)

 ご依頼者  43歳 男性 既婚 会社員
 負債総額  800万円
 貸金業者との取引  13社
 月収  32万円
 資産  なし

 

大澤先生コメント:貸金業者13社から800万の負債。
借金の利息返済を毎月繰り返す自転車操業状態が続き、いつまで経っても元金が減らないため、今後の建て直しを考え破産の申立に踏み切りました。結果、借金総額800万円を帳消しになりました。(2008年4月13日掲載)


任意整理で500万円の借金が140万に減額しました(借金解決事例1・3)

 ご依頼者  33歳 男性 既婚 会社員
 負債総額  500万円
 貸金業者との取引  7社
 月収  32万円
 資産  住宅

 

大澤先生コメント:貸金業者7社から500万の負債。
子供の将来の扶養を考えて、前向きに借金を債務整理することになりました。結果、500万円あった負債を最大140万円に圧縮し、無利息で完済することになりました。(2008年4月13日掲載)


任意整理で800万円の借金が140万に減額しました(借金解決事例1・4)

 ご依頼者  40歳 男性 既婚 会社員
 負債総額  800万円
 貸金業者との取引  8社
 月収  40万円
 資産  住宅

 

大澤先生コメント:貸金業者8社から800万の負債。
毎月の取立てが厳しく精神的に病んでしまい、債務整理を行うことになりました。住宅は絶対に手放したくないとの要望がありましたので民事再生で解決しました。結果、800万円あった借金総額を140万まで減額でき、返済できる範囲になりました。 (2008年4月13日掲載)


過払い金請求でお金が300万円返ってきました。(借金解決事例1・5)
 ご依頼者  42歳 男性 既婚 会社員
 負債総額  0円
 貸金業者との取引  2社
 月収  20万円
 資産  なし

大澤先生コメント:貸金業者との取引は既に完済していました。完済後も過払い金の請求ができるため、過払い金の返還請求をしました。その結果、10年以上の取引がありましたので、300万円の過払い金の返金がありました。(2008年4月13日掲載)


会社をたたんで、新規一転生活を始めることができました。(借金解決事例1・6)
 ご依頼者 43歳 男性 未婚 自営業
 負債総額 2000万円
 貸金業者との取引 50社以上
 月収 20万円
 資産

大澤先生コメント:会社を経営している方でしたが不景気により会社をたたむことになりました。会社及び社長につき破産の申立をした結果、大きなトラブルなく会社を終わりにすることができました。借金も0円になりました。(2008年4月13日掲載)


民事再生申立で自宅を守ることができました。(借金解決事例1・7)
  ご依頼者  37歳 男性 未婚 会社員
  負債総額  約3000万円(住宅ローンあり)
  貸金業者との取引  6社
  月収  30万円
  資産  自宅

大澤先生コメント:自宅を所有していましたので、民事再生の申立をしました。住宅ローンはそのまま支払い、その他の借金については5分の4が免除となりました。約100万円を3年間かけて支払えばよくなったので、月額の支払いが約30000円になりました。(2008年4月13日掲載)



民事再生申立で借金を減らすことができました。(借金解決事例1・8) 
 ご依頼者  32歳 男性 未婚 会社員
 負債総額  500万円
 貸金業者との取引  8社
 月収  30万円
 資産  なし

大澤先生コメント:破産はしたくないというご希望でしたので民事再生の申立を行いました。100万円を3年間の分割払いで支払う方法により、自己破産をしなくてもよくなりました。(2008年4月13日掲載)


生活に無理のない範囲で支払いができるようになりました。(借金解決事例1・9)
 ご依頼者  58歳 女性 既婚 会社員
 負債総額  100万円
 貸金業者との取引  3社
 月収  15万円
 資産  なし

大澤先生コメント:今まで月額5万円くらい支払っていましたが、任意整理の方法により月額の支払いを2万円にまで減らすことができました。また、借金の総額についても100万円から50万円にまで減らすことができました。(2008年4月13日掲載)


長期間の取引があった業者から過払い金の返金がありました。(借金解決事例1・10)
 ご依頼者  55歳 女性 既婚 会社員
 負債総額  500万円
 貸金業者との取引  8社
 月収  20万円
 資産  なし


大澤先生コメント:取引の期間が10年以上の業者が多数ありました。そのため、過払い金の返還請求をしたところ、310万円の返金がありました。返金されたお金を支払が残っている業者の支払いに充てた結果、借金はほとんどなくなりました。(2008年4月13日掲載)

 債務整理事例の続きはこちら

 債務整理事例2
 債務整理事例3
 債務整理事例4
 債務整理事例5
 債務整理事例6
 債務整理事例7
 債務整理事例8
 債務整理事例9
 債務整理事例10

 トップページへ

*解決事例については,プライバシー保護のため,実際に依頼された個人の方の特定ができないような簡略な表現となっていますことをご了承下さい。

当事務所に実際にご依頼された場合,取立の電話を止めるよう
貸金業者に速やかに法律事務所より通知をします。
その後は取立の電話は当事務所が対応いたします。


当事務所では,過払い金の高額回収を目指しています。
話し合いのみならず,積極的に貸金業者に対して
過払い金の返還請求訴訟・裁判を起こしています。

 
*当事務所は、千葉県に本店がある事務所の中では、債務整理の解決実績について質・量共に1番であると自負しております。千葉県及び千葉県の隣接地域にお住まいの方で、借金問題解決のご相談がある場合には、当事務所までお気軽にご相談下さい。(なお、ご相談の際には、日本弁護士連合会の規定により、千葉県柏市にある当事務所までお越しいただく必要があります。)




債務整理に関するご相談・ご質問はございますか?

リゾート地でペンションと土産物店、乗馬クラブを経営しております。
昨年の大震災の影響で客足がほとんどなくなり経営に困窮しております。
債務は当初の土地代と建設資金に借りた銀行借入と、乗馬クラブの未払い地代に加えて、商品や食材などの買掛金があります。
現状の成績ではこれらの銀行返済と地代の支払いは無理ですが、夏休みに入って少しずつは予約も入ってくるようになって来ました。
銀行と地主にも交渉しましたが良い返事はもらえませんでした。
友人からは弁護士に相談することで調停してもらえるのでは?・・・と言われましたが、良い方法はありませんでしょうか。




親戚の者から頼まれて借金の連帯保証人になっていましたが、最近になって彼の会社が厳しい状態になったので、こちらに銀行借入の連帯保証の履行を迫られております。
彼が言うには十分な土地を担保に入れていたので時間をもらって土地を任意に売却すれば返済ができるはずだったといっております。
銀行は今のところは差し押えをした状態で競売にはなっておりません。
弁護士にお尋ねしますが、この状ような中でも解決できる方法がありましたらご指導ください。



弁護士にお尋ねしたいのですが、自己破産をすると生活に様々な影響が出るそうですが、下記についてご指導いただければ幸いです。
*自己破産申請中は海外旅行や引越しをすることはできないのでしょうか?
*自己破産申請前にこれからの生活のために所有する絵画や家財などを売ることはできますでしょうか?
*自己破産が終了した後にクレジットカードは保有できないのでしょうか?
*生活のために自己破産前に多少でもキャッシングできるでしょうか?
*自己破産申請については勤務先や友人たちに知られてしまうのでしょうか?



債務整理における弁護士の役割にはどんな点がありますでしょうか。
任意の債務整理や自己破産は、そのような専門家に依頼しなくてもできるのでしょうか。
破産する立場の人は金がありませんが、その場合の報酬はどのようにして支払うのでしょうか。
私の友人で自己破産して、専門家にお願いしたのですが、その報酬のために友人から金を借入したと言っていますが、そのようなことが起きるのでしょうか。



破産関係の事についてお尋ねします。
自己破産者が一銭の金も資産も保有してない状態での弁護士の仕事の引受について教えて下さい。
*自己破産時の破産者には余分な資金はないはずですが、弁護士報酬に対する公共の機関の補助制度のようなものがあるのでしょうか。
*それが無い場合には、依頼したものに見合う報酬はなくても引き受けてもらえるのでしょうか。
*破産管財人には多くの場合は弁護士がなるようですが、破産管財人はどのような形で報酬を得ているのでしょうか。






無料相談実施中